AGAはどこでも治せる時代である【ハゲなんて言わせない】

男性

そのメカニズムとは

髪の毛

そもそもホルモンという物は、人間の身体の形成には必要不可欠である物です。しかしそんな必要なホルモンのひとつである男性ホルモンによって、AGAという悲劇が引き起こされてしまうのです。何故男性ホルモンがそんな悲劇を引き起こしてしまうのかというと、男性ホルモンが変化する事によってヘアサイクルを見だしてしまうからです。ホルモンバランスが崩れていると認識しても間違いではありません。現にホルモンバランスを崩してしまうと身体に影響が発生します。その影響が髪の毛が生えている頭皮に起こっているのがAGAであるのです。人間の髪の毛はヘアサイクルを経て日々成長しているのです。時間を掛けてひとつの頭髪を育てていくのですが、このサイクルが男性ホルモンによって乱されてしまうと無事にAGAとなるのです。ヘアサイクルの周期は通常であると二年から六年と非常にペースは遅いです。しかしAGAの場合男性ホルモンの働きによってそのサイクルが数ヶ月や一年と格段に早くなってしまいます。その結果髪の毛はちゃんと育つ事が出来ず無残にも抜け落ちてしまうのです。男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化してしまったら最後、頭皮の血流は最悪になり全体に栄養が届きにくくなります。男らしい自分を作ってくれる素敵なホルモンである男性ホルモンが、何故この様になってしまうのかを軽く説明すると、頭皮周辺で分泌されてしまう成分と男性ホルモンがかち合ってしまうとジヒドロテストステロンが誕生してしまうのです。ただ男性ホルモンが悪くてAGAになってしまうのではありません。男性ホルモンが変化してしまい誕生した成分によって、ヘアサイクルが乱れ結果薄毛となるのです。

このジヒドロテストステロン発生のきっかけとなってしまう物質はどうすれば抑えられるのかと言うと、その物質の分泌を抑える薬を服用しなければなりません。したがって病院へお世話になる事になります。そもそもの原因である事をどうにかしなければ、いくら強い育毛剤を使ったとしてもフサフサの頭は戻ってこないという事です。AGAはテストステロンがジヒドロテストステロンになってしまいヘアサイクルがおかしくなるという事を理解しておけば、まず自分が行なうべき行動を知る事が出来ます。余計な事をせずにまずは病院へ相談という事です。今は大丈夫であってもいつどこで男性ホルモンがバランスを崩すのかは分からない物であります。暇を見つけて一度AGAについて知ってみるべきです。もしAGAかもと感じたとしても的確な行動が実現出来る事でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加